代行決済は店頭でも使えるの?

実店舗でも決済代行サービスは幅広く導入されている

決済代行はネットショップでのみ利用できるサービスと思っている人は少なくないでしょう。では、実店舗で決済代行サービスを利用することはできないのでしょうか。実は、実店舗で決済代行サービスを導入しているところは決して少なくないのです。
たとえばレジに商品を持っていったとき、複数のクレジットカードブランド、そして電子マネーのロゴが貼られていて、これらを使用できるとなっていた場合、レジの横に決済代行サービスが提供した機械が置かれている可能性はかなり高いといえるでしょう。一つの機械で複数の決済手段を処理できるのは決済代行サービス独自の長所です。
現金以外の決済手段は特定のクレジットカードブランドのみという店の場合は、決済代行サービスを導入するメリットがありません。カード会社と独自に契約を結べば済むからです。したがって、このような店では決済代行サービスは使われていないでしょう。

決済代行サービスを通じてお金を払うリスクはある?

では、決済代行サービスを導入している店舗で商品を購入する場合、客がなにかリスクを被る可能性はあるのでしょうか。これは基本的にはないといえるでしょう。たとえば、クレジットカード会社や電子マネーサービスを提供している会社に支払う手数料は客の負担ではなく店の負担です。そのため、決済代行サービスを通じてお金を払うからといって、客に対して特別な手数料の負担が求められるということはありません。
ただ、決済代行サービスが運用しているシステムにトラブルが発生し、店頭にある決済用の機器からのデータが処理できず、決済できないという可能性はあり得ます。もちろん、こうしたトラブルは決済代行サービスのみに起こるわけではなく、カード会社でも起こる可能性はあるので、決済代行サービスだから信頼性が低いということではありません。