海外でクレジットカードを利用するなら!

二枚以上のクレジットカードを持っていこう!

海外での精算はクレジットカードが便利な場合が多くあります。場所によっては現金での取引を行っていないような店もあります。そのような時はクレジットカードもしくはデビットカード、電子マネーなどで支払うことになります。しかし、いざクレジットカードで支払いを試みても、ブランドが対応していないことがあり得ます。例えばいくつかの日本ブランドのクレジットカードは、ハワイなどを除き、対応していないところが多くあります。また、対応しているブランドも1社や2社程度と少ない場合もよくあることです。海外へ行く際は、少なくとも2枚はクレジットカードを持っていきましょう。また入店前に、入口で掲示してある対応クレジットカードのブランドは、しっかりと確認しておきましょう。

両替するよりキャッシングを活用しよう!

海外では、日本での1万円札にあたる高額紙幣を持ち歩いている人はほぼいません。例えばオーストラリアでも、高額紙幣はせいぜい50ドル紙幣で、100ドル紙幣はほぼ目にすることはありません。あまりに多額の現金を持ち歩くと、スリなどの犯罪に遭う可能性が高くなることが理由です。また、両替時の手数料も決して安い金額ではありません。クレジットカード払いであれば両替より安い手数料で済みますし、どうしても現地で現金が必要になった場合は、キャッシングでしのげばよいのです。特に、あまりメジャーではない通貨の現金は、両替手数料が高くなりがちです。そのような通貨へ両替するくらいなら、現地のATMでキャッシングを利用して、現金を入手するほうが確実に安上がりです。

クレジットカードで決済する事には様々なメリットがあります。まず決済額の1%から2%くらいがポイント還元されるほか、一括払いで物を買った場合でも支払いが大変なら購入後にオンライン上でリボ払いに変えられます。